« ナナの手続き? | トップページ | ケンタが仔犬に? »

2012年9月 2日 (日)

コロン ちょっと苦い涙

8月は活動休止のセラピー訪問活動だが こども病院にはいつものようにセラピー犬が集結!
猛暑なんてなんのその! 
こども達に会えるのが楽しみで張り切るコロン

819_1

病院訪問を始めたばかりのビリー君
819_3

先輩?コロンと念入りな事前打合せをして本番に挑むビリー君819_2

この日もたくさんの参加者で病棟は大賑わい 他病棟から車椅子でやってくるエーちゃんはコロンを膝に乗せたまま 気持ち良さそうにウトウト 「楽しみにしてたのに今寝ないで~」とお母さんが必死に揺り起こしていたhappy01

無菌室で辛い治療に挑んでいるお友達にも面会廊下からガラス越しにエールを贈ったコロン 抱っこできる小型犬のコロンは相手に合わせて位置が変えられるので喜んでもらえる

下顎切除の大手術を見事に克服したコロン ガラスに前脚をくっつけたハンドパワーならぬpaper肉球パワーpaperがお友達に届きますように。。

入院したばかりの男の子が検査室に行っている付き添いのお母さんも声を掛けたら病室から出てきて 束の間のほっこりタイムを楽しんでくれた こどもと一緒にふれあいタイムにはしゃぐ保護者の姿もハンドラーが頬を緩めるひととき 入院患者さんだけではなく その家族や病院スタッフの憩いの時間になってくれること願ってコロン達とボランティアハンドラーは活動しているのでどうぞ他病棟からでもご遠慮なく輪に加わってください 病院の許可さえあればコロンはどんな病棟でも訪問しますよ~

終了時間まぎわに中学生のお姉さん患者に連れられてコロンに近づいてきた小学5年生の女の子 お姉さんに促されながら決意したように発した言葉・・・・ 
「シーズーに触ってもいいですか?」 
もちろんどうぞ! いっぱいナデナデしてやってね~ どう?ふわふわでしょ~ 
「うん シーズーの匂いがする 懐かしいなぁ お姉ちゃんちの犬もこんな感じ?」
「うちのシーズーはもっと太ってるなhappy02

別れ際 廊下に並んでお見送りしてくれるこども達みんなと握手したコロン 女の子の目に涙がこぼれたweep 

反省会でその理由が分かった
昔おばあちゃんが飼っていたシーズー犬を思い出して「辛い」と落ち込んだ女の子を看護士や中学生たちが過去の辛いことを悲しんでばかりじゃいけない 
楽しいこともいっぱいあったでしょ? 楽しい思い出で元気ださないとおばあちゃんもシーズーも悲しむよ と励ましたんだそうだ

入院生活は辛いことが多いだろうが 共同生活だから乗り越えられることもあるんだね 人の痛みがわかる強い人間になってね

|

« ナナの手続き? | トップページ | ケンタが仔犬に? »

4.ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530695/55459567

この記事へのトラックバック一覧です: コロン ちょっと苦い涙:

« ナナの手続き? | トップページ | ケンタが仔犬に? »