« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

9月のアニマルセラピー活動

8月は休みだった老人ホーム活動
ナナ姐さんは2ヵ月ぶりに活動再開!!

923_1

ブラッシング・・・ よし!
トイレ・・・・・・・・・ よ~し!
スマイル・・・・・・ とてもよろしい!!!

9232

「ナナ姐ちゃん 笑顔はこんな感じがいいかも。。」
活動回数は大先輩のコロンからのアドバイスもよし!

9233

事前ミーティングを済ませて いざ出陣!!

さあ ケンタもシンちゃんも集合して 
みんな揃ってエレベータに乗るよ~

9234

おいおい ケンタの腰にのるんじゃないsweat01
ケンタも気持ち良さそうな表情するんじゃない 
シンちゃんは男の子だよcoldsweats02

9235

おこちゃま男子を見守るりん姉ちゃん 特注の帽子がお似合いよ

9236

あ~だ こ~だ と賑やかな犬控え室
本番の活動もチームワーク良く お年寄りに楽しんでもらえた 
よかった よかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

またまた、、コロンの似顔絵

院内学級の生徒さんが感想文を書いてくれました

いつも素敵に仕上げてくれてありがとう!

Sera1

コロンも凛々しく描いてくれてありがとう!!

Sera2

感想は、、、、

「かわいかった」

「握手してくれてありがとう」

「・・・・・ 重かった」

反省: 次回までダイエットに励みます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

ケンタが仔犬に?

残暑厳しい長月(9月) 皆様のワンコはお元気ですか

定例のトリミングに行ったケンタ君 もうじき秋なのにあまりの酷暑に 「超~短く刈り込んで涼しくしてやって~」と見送った
迎えに行ったら 「仔犬のように仕上げておきました」トリマーさんはニッコリ微笑んだsmile

え~ ケンタが仔犬時代って、、、グレムリンだったのよcoldsweats02

ケンタ 顔をみせてごらん・・・・・・

99_ken1

もったいぶるんじゃないわよ! ちゃんとこっち向いて!!

99_ken

仔犬って、、、 毛皮が軽くなったってことか(ホッ)
でも体重は重くなっているのよね。。。 
キャベツダイエット続けなくっちゃsweat01

トリミングの仕上げは異なっても 
相変わらずそっくりなコロンとケンタ
座るポーズも全く同じ ホントの親子のようだわ~ どんなにイタズラされてもこの瞬間には癒されるわ~

99_ken2

毎夏 皮膚が痒みに襲われるケンタ 
舐めて酷い状態になるのが悩みだったが今年は皮膚専門の先生にあれこれ指導していただいた そう!ナナが肛門腺を絞ってもらった(?)あの日にケンタも診察してもらったのだった その後もう一回だけ診察してもらっただけだが 痒みが治まって舐めることが無くなった! 今までと同じ薬とシャンプーを使っているのに使い方をちょっと変えるだけでこんなに効果があるなんてビックリ!専門医に診て貰ってよかった~

長年皮膚病で苦しんでいたご近所のチリちゃん(雑種犬) 身体中が脱毛し血がにじむほどかきむしっていたのに一緒に診察してもらったら 一ヶ月で毛が綺麗に生え揃った チリちゃんも今まで服用していた薬の飲み方を変えて ちょっと殺菌力の強いシャンプーを使っただけ

99_chiri

「夜中にバタバタ床を叩きながら身体を掻く音を聞くと眠れなかったけど 今は犬もぐっすり寝てるから私も熟睡できるわ~ ありがとうね」と感謝されるナナ母とケンタ

いや~我が家も同じだったのでその気持ちよく分かるわぁ
睡眠たっぷりに残暑を乗り切りましょう!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

コロン ちょっと苦い涙

8月は活動休止のセラピー訪問活動だが こども病院にはいつものようにセラピー犬が集結!
猛暑なんてなんのその! 
こども達に会えるのが楽しみで張り切るコロン

819_1

病院訪問を始めたばかりのビリー君
819_3

先輩?コロンと念入りな事前打合せをして本番に挑むビリー君819_2

この日もたくさんの参加者で病棟は大賑わい 他病棟から車椅子でやってくるエーちゃんはコロンを膝に乗せたまま 気持ち良さそうにウトウト 「楽しみにしてたのに今寝ないで~」とお母さんが必死に揺り起こしていたhappy01

無菌室で辛い治療に挑んでいるお友達にも面会廊下からガラス越しにエールを贈ったコロン 抱っこできる小型犬のコロンは相手に合わせて位置が変えられるので喜んでもらえる

下顎切除の大手術を見事に克服したコロン ガラスに前脚をくっつけたハンドパワーならぬpaper肉球パワーpaperがお友達に届きますように。。

入院したばかりの男の子が検査室に行っている付き添いのお母さんも声を掛けたら病室から出てきて 束の間のほっこりタイムを楽しんでくれた こどもと一緒にふれあいタイムにはしゃぐ保護者の姿もハンドラーが頬を緩めるひととき 入院患者さんだけではなく その家族や病院スタッフの憩いの時間になってくれること願ってコロン達とボランティアハンドラーは活動しているのでどうぞ他病棟からでもご遠慮なく輪に加わってください 病院の許可さえあればコロンはどんな病棟でも訪問しますよ~

終了時間まぎわに中学生のお姉さん患者に連れられてコロンに近づいてきた小学5年生の女の子 お姉さんに促されながら決意したように発した言葉・・・・ 
「シーズーに触ってもいいですか?」 
もちろんどうぞ! いっぱいナデナデしてやってね~ どう?ふわふわでしょ~ 
「うん シーズーの匂いがする 懐かしいなぁ お姉ちゃんちの犬もこんな感じ?」
「うちのシーズーはもっと太ってるなhappy02

別れ際 廊下に並んでお見送りしてくれるこども達みんなと握手したコロン 女の子の目に涙がこぼれたweep 

反省会でその理由が分かった
昔おばあちゃんが飼っていたシーズー犬を思い出して「辛い」と落ち込んだ女の子を看護士や中学生たちが過去の辛いことを悲しんでばかりじゃいけない 
楽しいこともいっぱいあったでしょ? 楽しい思い出で元気ださないとおばあちゃんもシーズーも悲しむよ と励ましたんだそうだ

入院生活は辛いことが多いだろうが 共同生活だから乗り越えられることもあるんだね 人の痛みがわかる強い人間になってね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

ナナの手続き?

用事があって近所に出来た動物愛護センターへ行くことに。
散歩がてら行ってみるかと4ワンズに視線を向けると、、、 
ナナ姐さんが尻尾を上げた(ような気がした・・・)

近所と言ってもナナの歩幅で片道1時間sweat01

広大な農園や造園を横目に下り坂 上り坂を延々と進んでやっとたどり着いたfoot

特に正門に続く上り坂がきつく 守衛さんの居る入口にたどり着いた時にはナナ母も姐さんもヘロヘロ状態 「早くナナに水を飲ませなくっちゃ、、、」とヨロヨロしながら水道水をいただいて飲ませていたら あっという間に守衛さんや職員さんに囲まれて 「今日は何の手続きですか?」と強張った表情で聞かれたgawk

用件を伝えたら皆の顔に笑みがこぼれ 無事に必要書類もいただけた ロビーフロアは犬もOKだから涼んでから帰ってくださいとご親切に声を掛けてくださった

手続き・・・・・
まだまだやんちゃなナナ姐さんも今年で8歳 バテ気味の歩き方が老犬に見えたのかしらcrying
それとも放浪していた迷子犬。。。。

Center1

飼い主(人間)の気持ち次第で運命が決まるワンズ

我が家の4ワンズには迷子札+マイクロチップを着用していますもちろん老犬になった4ワンズを看取る環境と覚悟が出来ています!

真新しいセンターの横にはこんな看板が・・・・・

Center

どんな命も尊いはずだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »