« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月24日 (日)

ナナ ~今月も気合いを入れて

今月も程よい快晴に恵まれた日曜日の昼下がり

ナナ姐さんは老人ホームの庭を散策中
チョロチョロ ウロウロしてるだけじゃ~ないよォ
これから「仕事」に取り組むべく 精神統一しながら身体をほぐすナナ姐さん

624_1

敷地内を一周半し 準備が整った様子・・・・・
そろそろ入館しよっか ナナ

624_2

ふぁああああああ

624_3

でたぁ~~ ナナ姐さんの気合いあくび!!!
いつもながら 歯がきれいだねぇ 

控え室では 姿勢正しく神妙に打合せに参加するナナ姐さん
抜け毛防止用のシャツを着用 ナナ母の夏着をリメイクしたのだが色白に似合うと好評! ちょっと自慢げなナナ姐さん 
力作の晴れ着の時にはこんなに声を掛けられなかったぞォと少々落胆するナナ母。。。

624_4

今回は新しい芸を披露すべく準備してきたナナ姐さん
3週間ほど練習したタンバリンを持参した おもちゃ売り場であれこれ悩んだ結果 アンパンマン柄のタンバリンとカスタネットを購入したナナ母 カスタネットは的が小さくてナナの肉球が当たらず タンバリンで勝負することに、、、、、

なんとかパ~ン パ~ンと鳴らして もう一回見えなかった観客の方に姿勢を正していたナナにご婦人が歩み寄って 「偉い 偉い ようやった もうお利口さんにせんでええから 好きなところで遊んでおいで~」 ナナの顔をクチャクチャに撫でまわすご婦人 爆笑に包まれる会場 微動だにしない仕事犬・ナナ

来月も頑張りますよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

マジシャン? コタロウ

天変地異?をだれよりも早く予言する 我が家のコタロウ
雷雨 雹(ひょう) 花火大会が始まる前からブルブル震えだすshock

短時間のお留守番でも特製ケージに居るコタロウ 
Kota1

部屋中の戸締りも厳重にして外出するナナ母 
なぜなら天候が大荒れの日に帰宅すると・・・・ コタロウがリビングの扉前にうずくまっているじゃぁ あ~りませんか(←ちょっと古かったか?? 首を傾げたお若いアタナ! 吉本新喜劇ですわょ)
Kota2

最初はケージ扉を閉め忘れたんだろう、、、 ナナ母ボケ説が濃厚だったが 早朝の天気予報は欠かさずチェックし 何重にも施錠しても同じ現象が起きる。。。

コタロウは犬版・引田天功だったのか!
我が愛犬ながらすごい!!

超臆病なコタロウがそんなワザを体得できるわけがなかろう。。
では 金田一少年 いや 家政婦は見た並みに推理してみよう。。。

雷雨に襲われる30~40分前から 呼吸が荒くなり 大パニックになるコタロウ どうやら ケージを必死によじ登り(いや飛び越えるのか?) ナナ姐さんに助けを求めるものの無視され ソファーやテーブルの陰に身を寄せて震えているようだ。。

ならケージに屋根を取り付けるか??? いやそれをこじ開けようとして身体を傷つけるかもしれない 困った 困った

そんなことには我関せずのナナ姐さん
雨が降っても外に出た~いとアピールする
610_1

その傍らには 必ずケンタ坊主が鎮座している
610_2

凸凹コンビながら 絆は強し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

コロン 涙と笑顔と固い握手

大学病院の小児科病棟を訪問したコロン 
病院広報の方に写真と撮られたり 念入りなメディカルチェックを受けたりと 到着早々から大忙し 事前打合せも大勢の病院スタッフと一緒に真剣に段取り確認
この日は天気に恵まれたので中庭と呼ばれる広いルーフバルコニーでの活動となった

参加者は28児童 だが付き添いのご家族や病院スタッフ・研修生、院内学級の先生方など 物凄い数のギャラリーに囲まれての入場となったコロン 怖気づくかと心配したが 尻尾フリフリ上機嫌で皆さんにご挨拶できた 「お座り」「待て」など基本動作を披露した後はお楽しみのふれあいタイム 一番前の席でお母さんに抱っこされながら座っていた男の子に「こんにちは~ コロンです よろしく~」 とご挨拶したら 大声で泣かれたweep 

「朝から楽しみにしてたでしょ 小さくてかわいいワンコだよ ナデナデしてごらんよ~」 不自由な入院生活を過ごす我が子を思う母の声・・・・ コロンを見つめたまま泣き続ける息子。。 動じず尻尾を振り続けるコロン、、、 男の子の分までお母さんにいっぱい撫でてもらった。。

ちょっと出鼻をくじかれたナナ母 しかし男の子の後ろには目がキラキラ輝いた小学生の女の子が待っていた とっても上手にコロンを抱きかかえる女の子 おばあちゃんがダックスフントを飼っているので慣れているとのこと 小さい子に触り方を教えてあげたりと甲斐甲斐しく世話を焼いてくれたので 人の輪がどんどん大きくなって 大人気になったコロン(ヨカッタ ヨカッタ)

中庭での活動終了後は病室訪問 ベットサイドからコロンと一緒に声を掛ける 医師の許可がでた子とは固い握手を交わす 「コロンも病気で大きな手術をしたけど 辛い入院生活を乗り越えて元気になったんだよ キミも元気になれるよ」 その時に必ずご家族から 「この子と一緒に写真を撮らせてください」と頼まれる ここでセラピー犬コロンの本領発揮!! ウルウル目線でカメラを見つめるのである!!! 
この度胸にはナナ母も感心するばかりである。

小学校での動物介在授業にも参加したコロン 70名以上の児童の前で大はしゃぎしたコロン 突然「母さん 抱っこ~」と甘えだした途端に静かに?? 隣りのハンドラーさんに「あのぉ 寝てますよ」と言われて冷や汗が流れたナナ母coldsweats02

61_1

グループ活動では一人一人に抱っこしてもらって毛並みや温かさを体験してもらった
こんなに小さくても温かいと感動された 命の大切さを感じてもられたかな。。。

この日はこども病院で一緒に活動するグレピネ・ムーちゃんも参加してくれた

61_2

体重50キロ 温厚な性格だか体はデカイ! 

61_3

セラピー犬は犬種不問 
ナナ姐さんのようなガラッパチ、、、いや雑種犬もいるし ドーベルマンもいる もっと認知度が高くなるといいなぁ

続きを読む "コロン 涙と笑顔と固い握手"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »