« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月28日 (月)

ナナ ~気合の入れ方

快晴の日曜日 
元気に老人ホームの通用口に到着したナナ姐さん

パトロールがてら 広い敷地内をぐるっと一周するナナ姐さん 
毎朝 規則正しく排泄する姐さんだけど 入館する前にも必ずトイレを済ませる 粗相があっちゃいけないと この4年間律儀なほど 規則正しく排便する姐さん

きりっと振り向き 「準備万端!さぁ 行くわよ!」

520_2

次の瞬間・・・・ 「ふぁ~~」

520

気合を入れるナナ姐さんであった。。。

その後 会場でお年寄りにシッポを振って挨拶して歩いたナナ姐さんに初めての試練が襲い掛かった??

いつもはサラサラ フワフワの毛並みを撫でて 喜んでくださるご婦人が 「アンタ 何か芸が出来ないのかい? 芸して見せなさいよ!」と凄んできた(ピンチ)

「お手」「おかわり」「伏せ」・・・・ ナナに出来ることはこれ位(涙)

飼い主がしっかり教育してなくてゴメンなさい 
今度会うときまでには綱渡りとか 大玉ころがしとか 練習しとくから堪忍してね その場ではサーカス芸しか思いつかなかったナナ母(恥)

翌日から大型家電量販店のおもちゃ売り場に通い始めたナナ母
次回のナナ姐さんをお楽しみに~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

コロン こども病院訪問

5月だというのに 真夏日の陽射しが照りつける日 コロンはこども病院での活動に参加した 移動中は空調完備なのでコロンは快適! キャリーバックを抱えるナナ母は汗だく・・・

Photo

病院での活動は事前にバッチリ打合せをしてから本番に臨むが今回は重い空気に包まれた会議室で入念にそして慎重に言葉を選びながら段取りを決めた。。。

先月の訪問時に参加していた10代半ばの女の子。
難病で辛い治療に耐えながらセラピー犬の訪問を楽しみにしてくれていた。おっかなビックリしながらも大型犬に抱きついた輝くような笑顔がお母さんや周りを和ませてくれた。今月もあの笑顔が見たいな、、、と想いを馳せて病院の門をくぐった。しかし残念なことに彼女は虹の橋を渡り その日がお通夜だった。

歳が近かった2~3人の子供達は親から聞かされて既に知っているが 他の子供達は「最近姿が見えないね。病室に居ないのかな。」と病院スタッフに聞くようになったそうだ。
真実を伝えるのが病院の方針だか 親から聞かされた子供達が泣き悲しみ元気がなくなったのでタイミングを検討しておられた。

そして事実を伝える時間をセラピー活動の場所にすると決められた。
人間も犬も必ず死を迎える。犬は人間の5倍の速さで年齢を重ねてみんなより早く虹の橋を渡るんだよ。東日本大震災では多くの子供達も津波に巻き込まれて亡くなってしまった。入院しているから他の子供達よりも早く虹の橋を渡る訳では決してない。そして死んでも君達の存在がゼロになったりはしない。家族や友達 先生や看護士さんの心の中で生き続けていくんだよ、と伝えた。

あちこちからすすり泣く声が聞こえてプレイルームが暗くなった。
そこで打合せどおり コロンとナナ母が立ち上がり コロンには下顎がないことを伝えた。保護犬の一時預かりをしていた我が家に三頭目の家族として加わったこと、その後 腹部の手術を含めて4回入院していること、今ではすっかり元気になって 老人ホーム 病院 小学校を訪問していることを話すと「命を助ける方法はいろいろあるんだ。社会へ貢献する手段もいろいろあるんだね。」前向きになってくれた。

最後に病棟長が子供達に付け加えた言葉・・・ 
死んだらそこで終わりじゃないんだよ 
必ず帰る場所があります 
それは、、、お母さんのお腹の中 
いつまでもお母さんと一緒なんだよ。。。
子供達に笑顔が戻った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

国際派? ケンタ

様々なセラピー犬活動をこなす ナナ姐さん コロン師匠に比べて 経験が浅い若造・ケンタ ゴールデンウィークを利用して活動してきましたよ

活動歴2年ながら 一番年下のケンタにお仲間ワンズの視線が集中 外面良く? 謙虚にシッポ振る姿がかわいいとパパさん ママさんからナデナデしてもらって上機嫌のケンタ ハイテンションで活動開始!

老人ホームながら 犬や猫だけじゃなく ウサギ ハムスターなども活動するチームに カナダから来日している女性が見学参加! 熱心にメモをとったり 質問したり アニマルセラピー活動にとても興味はある様子 会話は・・・・ 英語!(サポートする日本人のお友達が同伴wink

絶(舌)好調のケンタ君 歓迎の気持ちを伝えるべく 自己紹介してみました!!!!

Ken56

ほかのワンズが純日本的な名前だったので KENは覚えていただけた様子 でもケンタはお年寄りのお相手に忙しく それ以外の言葉を交わすことはなかった。。。

国際派セラピー犬の道を一歩踏み出したケンタことKEN!

俳優・渡辺謙さんのおかげだとはケンタは知らない。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »