« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

春の足音

ゆっくりながら春が確実に近づいているこの頃
暖かい陽だまりに陣取るのはケンタ

325_1

ナナとコタロウが仔犬の頃から破れたままの障子がちょうどいい塩梅!

325_2_2

負けじと木漏れ日を見つけたコタロウ 食欲旺盛ながら身にならず 背骨が寒そう・・・ でも元気に飛び回っていますよ~

325_3

庭の木々が芽吹き始めると 我が家のワンズも触発されて? 自主練習が始まるようになった 先輩の胸を借りるのは もちろんケンタ小僧

325_5

無視するコロンに 「お相手 頼もう~」

325_7

それでも無視されて 「ねぇねぇ 一戦だけ相手してよ~」

325_8_2

そんなに頼むならと腰を上げたコロンの圧勝!!!
(弱っちいゾ~ ケンタ坊主)

325_6

アタイも毎日 ケンタの相手してるのよ 疲れるったらありぁしない
ナナ道場 新入生募集中 道場破り大歓迎!

325_4

そうそう 誤解があるといけないからちょっと説明しておくけど
道場主はアタイ(オンナ=雌)だから女子OKょ
 
近所の犬好きのおばちゃんはアタイのことをずっとオトコだと思ってたんだって。。
毎朝「ナナちゃん おはよ~ 今日も素敵だね~~」って7年間声掛けてくれていて その孫娘がナナの大ファンで「ナナちゃんの毛真っ白でフワフワで眼もかわいい~」って抱きしめてくれるのよ
なのに、、、 片脚上げて用を足すナナの背後に駆け寄って来て 「あれ? ナナちゃんってオスだよね?? まさか女の子なの?? へぇぇ」ってそりゃ驚いた表情してたわよ

ナナちゃんって名前のオス犬がどこかにいるのだろうか。。。 
謎が深まる。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

冬のアニマルセラピー活動

まだまだ寒い日が続きますが ワンズは元気に老人ホームで活動しています 明るい色を身に付けていると喜ばれるので 正月に誂えた(??)赤いちゃんちゃんこを着たナナ姐さん 1月の活動では「晴れ着」だったけど 翌月はちゃんちゃんこ・・・・ まあ細かいこと気にしないで。。。。

2gatsu_1

アタイ、はずかしいわよ~~~
2gatsu_2

こちらも毎月衣装を替えくる芸達者
2gatsu_3

これは恐竜、、、 ワニじゃないよ
2gatsu_4

その他にも たくさんのワンズがお洒落して参加 ベテラン勢が加齢で引退したけれど 毎回新人ワンズが加わるのでいつも賑やかな控え室

2gatsu_5 2gatsu_6 2gatsu_7 2gatsu_8 318_1 318_2

そろそろ開始時間なのにワサワサし続けるワンズ・・・・

318_3

それを冷静に見つめるコロン・・・・

318_4

こら~ 仕事を始める時間だよ~ みんな静かに!!!

318_5

ナナ姐さんも机の下に隠れてないで 準備して!!!!

318_6

いつの間にやら ベテランの風格漂うコロンだった。。
ファンのお年寄りもチラホラ居て 膝にのせての記念写真も手馴れたもの ファインダーに写る笑顔が人間も犬もとってもいい表情 笑顔っていいね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

コロンのセラピー活動

2歳半からアニマルセラピー活動に参加しているコロン
2月で6歳になりましたbirthday
途中 病気療養があったりしたが いまではすっかり元気に活動に復帰し 老人ホームに通っている それに加えて 最近では病院訪問活動にも参加しているコロン

Koron_1

小児病棟を訪問するメンバーながら 冬季はインフルエンザ対策で活動休止が多いので 他の病院に応援参加したコロン 先日は統合失調症の方々と触れ合った 活動には病院スタッフはもちろん ボランティア側は獣医さん 麻布大学の先生方も参加される

相手の目をじ~っとみつめて 心で会話を始めるコロン
開始時は重苦しい雰囲気だった会場も 数分後には笑い声や明るい掛け声があちらこちらから聞こえるようになったhappy01

コロンもたくさんの方に抱っこされて いっぱい撫でてもらったのでとっても満足げ。。
なにより lovelyかわいいheart を連発されたのでちょっと自慢げ。。。

Koron_2

特別な芸ができるわけではないけれど ハンドラー(=ナナ母) にも特別な知識はなく愛犬を連れて訪問しているだけだけれど 笑顔になる人が一人でもいるのなら 細く長く活動を続けたいなぁ

そして患者さんが日常生活を送れるようになったら 保護犬が活躍していたことを思い出して 里親になってくれると嬉しいなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »