« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月20日 (月)

すっかり元気になりましたが・・・ 退院直後のコロン

コロンは眼の手術を受けました(病名などの詳細は後ほどご報告します)
退院直後のワンズの写真をちらっとお見せします(コメントは少々お待ち下さい)
お陰様で今ではすっかり元気になり 美男子っぷりが上がったコロン 最近の写真がアップされる日をお楽しみに~~
★ブログなのに更新が遅すぎて、、ゴメンナサイ★

2011年1月4日追記:
コロンの眼科所見は「両眼内眼角の睫毛乱生による流涙症」
目ヤニが出やすいコロンは 幼犬期から(当時の)主治医の勧めで目頭周辺の睫毛を2カ月毎に抜いてもらっていました 
その後 下顎切除手術を受けたりと生死をさまよう状態だたので放置していましたが 目ヤニがひどく眼を擦ることが多くなって危険なので 手術を担当してくださった(高度医療センターの)ドクターに診ていただきました

1103_1

眼科専門医の診察を受けて よ~く考えた末に1泊2日で手術を受けることにしました 退院直後のコロン 手術直後(麻酔が醒める前)から見舞いに行っていたので離れたいた時間はわずか そのせいかとっても落ち着いているコロン なぜか・・・・独りになりたがる。。。

1103_2

一週間後 カラーを外したコロン 眼の腫れもおさまりすっきりした表情だが・・・・

1103_3

ガンコな毛玉が・・・・ コームが眼にあたるのが怖くて毛並みの手入れを怠っていたツケだわ~(反省)

1103_4

相変わらず独りでのんびり寛ぐコロン
1103_6

ガキ大将ケンタも遠巻きに眺めている・・・・
1103_7

コタロウも遠巻きに眺めている・・・・・・・
1103_10

だって、、、 コロンに両角が生えて怖いんだもの。。1103_9

解ける糸を使ったので抜糸もなく順調に回復したコロン
今では仔犬の頃のように元気一杯に走り回っています(感謝)
*手術した理由などはこれからボチボチご説明いたします ★ホント筆が遅くてすいません★
※1月9日(続き)追記

続きを読む "すっかり元気になりましたが・・・ 退院直後のコロン"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

ナナの一大事・・・・ 一難去ってまた、、、

★またまたすっかりご無沙汰してしまいました★

あれは10月中旬 まだまだ残暑厳しい休日だった
早朝からガンガン散歩した一軍所属のナナ姐さん 二軍所属のシーズー達が帰宅してから一緒に食餌にするのだが 待ちきれなかったのか いや体力を余していたのか 台所フェンスを飛び越えて侵入 食パンをペロリと平らげてしまった

当然朝食はなし! なのだが残暑のためか(軽度の)皮膚アレルギーで痒そうなので薬だけ飲ませた それもごく少量・・・・ 
食パンでむねやけ?するのか めずらしく水をがぶ飲みするナナ姐さん いつものようにコタロウとケンタ相手にぶつかり稽古を終えて ベランダからご近所見守り活動に専念 その横で洗濯物を干すナナ母 暑いからか水を飲みに行ったナナ その跡に小さな水溜り・・・・ でもすぐに干上がってしまった

午後 陽が翳ってからと夕食前に長めの散歩に出たナナ姐さん 足取りがとっても軽やかで片脚上げおしっこを何度も披露?して 上機嫌で帰宅 夕食を待っている間もいつものようにリビングの窓ガラスに鼻をくっつけて座っていた 台所とリビングを忙しく往復するナナ母 ん? 床に水が点々とこぼれている?? 拭きながらたどり着いた水源はナナのお尻! ナナが水溜りの上に座っていた!! 移動させて拭き掃除をしていると 腹ペコのナナが寝そべって「ご飯まだ?」と眼で訴えている が・・・・ お腹のまわりに水溜りが広がっていた 昼間から頭に浮かんでは否定してきたこと・・・・ ナナが失禁している。。。

いつも通り しっぽフリフリ上機嫌で食餌をぱくつくナナ姐さん その背中を抱きしめながら語りかけるナナ母・・・ ちゃんと看護するからいままでどおりみんなと一緒に暮らそうねweep  食餌しか眼中にないナナ姐さんdelicious 失禁の自覚はまったくなさそうだcrying
失禁が止まらないのでオムツをして寝かせたところで預かり仲間からのメール着信mailtoに気づいた 「道を歩いていたら空から蚤だらけの仔猫catが降ってきた 病院に連れて行ったらレボリューションを垂らしてくれた でも内臓損傷が考えられるのでその時は覚悟してと言われた。。。」

おや?空から猫が?? 
ん~ そんなこと~~
ありえるsign01 
食パン一斤をイッキ喰いしたナナの失禁が止まらないんですもの 世の中にはそれに遭遇した人しか確信できない現象があるのよ!! 
こんな時は 動物にはもちろん 人間にも温かく接してくださるBuddy先生に診てもらうのが最適! そうだナナのことも話してみよう 介護の注意点を教えてくださるかもしれないし・・・ 説明するために最近の出来事 今朝からの様子を書き出さなくっちゃ。。。 こうしてナナの療法食+散歩三昧生活が始まったのでした (つづく)
おまけ: 仔猫ちゃんも元気にすくすく成長中

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »