« 7月のアニマルセラピー活動 | トップページ | ケンタを安静にさせる方法 »

2010年8月 9日 (月)

ケンタの耳に念仏?

室温調整とワンズの体調管理には気をつけていた我が家 
でも、、とうとう恐れていた事態が起きてしまった・・・・

お待たせしましたsweat01 筆が遅いpen のに加えて 「療法食自主回収騒動」 の対処に奮闘しておりました アイムスの病院食をお持ちの方は販売元HPで商品名をよ~くご確認ください

手足の痒みが治まらないケンタ お尻と背中におできができたコロン 夏のみアレルギーが出るナナ姐さんを病院に連れて行こうと朝から準備していた土曜日 ナナ母のそばから離れず上目づかいに見つめるコタロウ 時々『ゴロゴロnote』と微かに聞こえたが早朝散歩では立派なウンチをしたコタロウ 独りで留守番させられるのが不安なのか? ストーカーに疲れたのか ふっと姿を消したコタロウ ちょっと心配になってトイレをのぞくと、、、 軟便と白っぽい粘膜が大量にあったshock

先日のアニマルセラピー反省会でも話題になった室内犬の熱中症対策と冷房病 暑がりシーズーコンビと冷えすぎを嫌う繊細な雑種(?) コタロウの同居にはこまめな調整が欠かせませぬ。。 

幼犬・コロンを預かり始めたのはちょうど4年前の8月・・・ コタロウのお尻に噛み付いて喧嘩を吹っ掛けていたガキ大将・コロン ハ~ハ~暑がるのでエアコンの温度を下げてナナ母とリビングで寝ていると、、、 ヤキモチ焼きのコタロウが寝室から抜け出してチョコチョコのぞきに来ていつの間にやら部屋の隅で寝てしまっていたらしい 夜中に突然地鳴りがしたかと思ったらドアを「開けて~~」と必死にもがくコタロウが居た 「あら~居たのね コタちゃん 早く自分の部屋で寝なさい」 ドアを開けた途端必死の形相で階段を駆け上がるコタロウ 直後に再び地鳴りが聞こえた そのまた直後にナナ父の悲鳴が聞こえた・・・・ 酷い下痢でげっそりやつれたコタロウ・・・・・ (翌朝病院で点滴をしてもらいました)

それ以来コロンの首に氷やひんやりバンダナを巻いて室温調整していたが コロンが成長して落ち着いてきた+大きな手術を2回も経験して運動量が減ったこともあり 3ワンズが同じ部屋で快適に過ごせるようになっていた

しかし・・・・・

幼獣の出現でその快適温度が崩れてしまった・・・・・

89_1

もうすぐ(推定)2歳になるケンタ 猛暑なんぞ関係なく 無茶苦茶走り回って ハ~ハ~ 言うので身体に触ってみると火の玉のように熱い!! 氷(アイスキューブ)を首に巻こうとすると 全力疾走で逃げまくるのでますます熱くなる!!! どうやらあのヒンヤリ感が苦手らしい 今年は猛暑日が続くのでついつい室温を低めにしてしまっていたナナ家(反省) 
ケンタ! 獣医さんの言葉をしっかり守って室内では暴れないで頂戴!! アンタは獣医さんの足元で聞いていたんだからよくわかっているでしょう~~ <ケンタの耳に念仏>

検査の結果は異常がなかったコタロウ 下痢止め薬といつもの処方食で様子を観察することになった ケンタは皮膚用の処方食と薬で様子をみてきたが どうも生活環境アレルギーらしい 散歩時に触れる何かに反応する⇒手足をなめる⇒痒みが増す⇒炎症が広がる 散歩後は拭くだけじゃなく シャワーで脚と下腹部を洗い流す+処方食も続けることにした コロンは引続き皮膚用処方食を食べることになり ナナ姐さんも痒がる時だけ少量の薬を服用して観察することになった

その直後に処方食自主回収が発表されたcrying 我が家に2種ある処方食は同じメーカーのもの。処方食を製造している工場に問題があったのでどちらも食べさせられない 盆休みで動物病院もメーカー倉庫もストップしてしまっているのに 代替品を探さねばならない。。。

※自主回収の案内文書には「健康に影響はないが万全を期して製品を回収する」とあったので直接電話をして聞いてみた 
ナニに問題があったんだろう? 色んな処方食を試してやっと落ち着いたのに切り替えるには勇気がいる いきなり他フードに切り替えると体調を崩すので少しづつ量を調整したいが安全性に問題があるならそんな悠長なことも言ってられない。。 回収対象期限以前に出荷された製品がないかetc.
お客様係りの回答は 
「獣医師に相談してください」の一言のみ。。。 
原因も今後の製造予定も教えてくれなかったsad

動物病院に電話すれど回線がパンク状態でなかなか繋がらない
やっとBuddy先生とお話できたところ メーカー営業担当者が言うには 日本向けには問題の製品は出荷されていないはず 工場の生産はすべてストップ 再開は10月 出荷開始は10月下旬頃になるらしい <営業さんがお客様係りの電話に出てくれればいいのに・・・> 

毎日2~3粒づつ新しいフードを混ぜて様子をみている 
そしたら・・・ ケンタが明け方から苦しそうに胃液を嘔吐し始めたえ?? コロンでもコタロウでもなく、、、 ケンタ?? 
幼獣ケンタの健康管理は予断が許しませぬ。。。

|

« 7月のアニマルセラピー活動 | トップページ | ケンタを安静にさせる方法 »

6.我が家のワンズ」カテゴリの記事

コメント

コウタロウ君、そんなに雷がだめなんですか?
過呼吸がはじまるとは?
これからが一寸大変ですね。
小雪の事心配して下さり有難う!今、1回/週お散歩に来て頂いています。ただ、小雪は真から柴の性格を持っていて、ある程度は躾け直ししましたが、やはり難しい部分もあり、新しい生活も希望を持っていますが、トライと思っています。
健太ちゃんどうしたんですか?

投稿: シロ | 2010年8月13日 (金) 21時03分

★シロさま
コタロウは立派な体格に似合わず小心者ですが
ナナ母のそばにぴったり寄添って離れないので
脱走の恐れはなさそうです(笑)

小雪ちゃんはご理解のある里親希望者さまが
いて下さって本当によかった。
(これはシロさまの人徳ですよ~)
里親さまは待ち遠しいでしょうが
あせらずじっくり時間をかけて結果を出してくださいね。

投稿: ナナママ | 2010年8月15日 (日) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530695/49107917

この記事へのトラックバック一覧です: ケンタの耳に念仏?:

« 7月のアニマルセラピー活動 | トップページ | ケンタを安静にさせる方法 »