« 5月の里親会 | トップページ | 最近の健太 »

2010年5月15日 (土)

『健太』 募集終了のお知らせ

みなさまへ
健太がレスキューされてから一年五ヶ月以上が経過しました 
我が家でも同じ歳月を共に過ごしてきました まだ若い健太のためにも素敵なご家族との出会いを探し続けるのが預かり人の責務ではあるのですが 幼児期から青年期を迎えた健太の性格を熟考して・・・・ 
健太をナナ姐さんの弟分として我が家に迎えることにしました 
長い間大勢の応援団にご支援いただき有難うございました 
これからはセラピー犬としての活動を始めます 
譲渡会場を卒業して新たな活動場所<介護施設などでお年寄りや身体の不自由な方と触れ合う>に挑む健太・・・ これからの成長も温かく見守っていただけると嬉しいです。

ブリーダー(60頭飼い)が死亡し(推定)生後まもなくに管理センターに持ち込まれた小型犬 ガリガリに痩せたワンコはケージの外の世界に驚き震えが止まらなかった 乳歯が生えかわる時期から我が家で犬生を歩み始めるワンコは「健康で丈夫な男の子になる」ように仮名・健太と名づけられた みずぼらしい体格からは犬種も特定できず 『チワワMIX?』 として里親募集をかけることになった 仔犬だからすぐに希望者が現れるだろう・・・・と楽観しすぎたからか、、、応募はさっぱりこなかった そんなことには関係なくすくすく成長する健太 元気で利口な健太は(推定)1歳を過ぎた頃から“あること”に気づき始めて 性格に変化が見え始めた 「なんでボクだけ姐さん犬や兄さん犬と扱いが違うんだろう??」 食餌も散歩も一番最後だし 寝るときも独りぼっちの部屋先住犬コロンは父さんや母さんを独り占めしてよく出掛けするし どんなわがままを言っても笑って許されていつも抱っこされている健太がコロンに甘噛みしようもんなら母さんがすっ飛んできて鬼瓦のような顔をして睨みつける 青年期を迎えた繊細な健太 寂しそうな眼をして反抗的な問題行動を起こすことが多くなった その度に健太に駆け寄り指導するナナ姐さん ナナの背中越しに覗き込むコタロウ
犬の専門家の方々(獣医さんやレスキューボランティアさん)に相談してみた 「そろそろナナちゃんの弟分にする時期かもしれない4ワンズでもバランスよく生活できているからこのまま一緒に添い遂げられるんじゃない。。。」

【みなさま応援ありがとうございました 
これからはセラピー犬・健太の成長を見守ってください】
515_kenta

その頃に急逝した実母の一周忌、命日を慌しく迎えた この一年間は毎月のように慌しく日帰り帰省していたので、正直なところ、預かり犬を早く卒業させたかった。。。 無事に一周忌法要を終えた日から日程が落ち着き、ようやく母の死が受け入れられるようになり 思い出が蘇ってくるようになった・・・・ 最後に電話で交わした話題は『健太』のことだったなぁ。。。

実は、、、健太を我が家に受け入れる直前に寝たきりだった義母が他界したので1週間ボランティア・トリマーさんに預かってもらっていた その後、春には実母が急逝 早秋にはコロンの難病が発症 晩秋には大手術・・・ この手術日が健太のお見合いと重なり大わらわ(汗) コロンを入院させてから健太をお見合いに連れて行って、帰りに術後のコロンと面会する段取りだったが、、、 コロンの入院手続きがなかなか始まらず一時間以上手術室前で待たされていた 慌しく出入りする獣医さん達に尋ねることもできず 緊張して震えるコロンを抱っこしていると 扉が開き小さな棺と泣き崩れるご家族が出てきた 凍りつく待合室、、、 コロンと一緒に震えるナナ母。。。 入院していたワンコの容態が急変したので手術室に居た先生総動員で処置していたそうだ この時も「健太くんがこのままトライアルに進めますように」と祈ったものだ

たった一年五ヶ月間だけど健太は我が家の歴史と一緒に歩んで来た生き証人(犬) これからも辛い事や悲しい出来事がたくさんあるだろうが 健太となら一緒に乗り越えて行ける! そんな経緯があり、健太を我が子(犬)として正式に迎え入れました
健太にご応募くださった方 里親会場まで会いに来てくださった皆様 長い間応援してくださって有難うございました これからも健太の成長を見守って頂けると幸いです

515_ken

【おまけ】 預かりスタッフでも譲渡手続きは他の里親さんと全く同じ 誓約書提出や医療費の支払いも義務付けられています

|

« 5月の里親会 | トップページ | 最近の健太 »

1.預かりワンコ」カテゴリの記事

6.我が家のワンズ」カテゴリの記事

コメント

健太君、おめでとう!
君の赤い糸はすぐそばにあったんですね。
いきなり譲渡決定!だったので、もしかして、と
思っていました。ほんとにおめでとう!
ところでセラピー犬、トトロも若い頃
少し参加させて頂きました。がんばってね!

投稿: トトロ&KK | 2010年5月16日 (日) 17時05分

★トトロ&KKさま
返事が遅くなってご心配をお掛けいたしました。
祝福してくださって有難うございます。
これからは「我が子・健太」との生活が始まります。
少々不安もありますが、迷いはありません。
これからも健太の成長を見守ってください!

投稿: ナナママ | 2010年5月24日 (月) 00時27分

健太君を引き取られることに決心なさるまでのさまざまな葛藤をも含めたお気持ちを読んで、感動するとともに、健太君になりかわって(?)心から感謝いたします。預かりということが肉体的だけじゃなく精神的にも厳しいものであることを、あらためて感じました。これからの健太君のセラピー犬としての活躍を祈っています。健太君、最初はまずナナママを癒さなくちゃね。ナナママさんもほんとうにお疲れさまでした。愛犬ケンタと少しのんびりしてくだい。

投稿: kay | 2010年5月24日 (月) 15時09分

健太君おめでとう!と言っていいのか、同じ環境の子を持つ身として、家もくるみが既に一年になりました。お腹の調子が悪く、正常になるに一年かかりました。そしたら、既に、家の子達と全く仲良くなり、本当は一匹で愛情一杯に育ってもらいたかったんですが、1/5以下の愛情ではなく。私の年齢を考え、今後もいい方と巡り会いがありクルミが本当に幸せに成ると確信出来た時は譲渡すると決めています。確かに預かり犬は他の子(5匹)とは違う扱いにしています。可哀想ですが、新しいお家に行った時に、なるべく早くその環境に慣れるように、そして良い子であるように言う思いからです。健太ちゃんはそれを感じる年になってしまったのですね。本当に、難しい選択ですよね。
健太ちゃんセラピー犬頑張ってね!応援しています。
御苦労さまでした。

投稿: シロ | 2010年5月28日 (金) 21時35分

★kayさま
長い間応援して下さって有難うございます。
預かり役としては大失格なので心苦しいばかりです。
コロンを引き取った時も大先輩からお叱りを受けたので
「我が子は3ワンズだけ」と固く誓って
ショートステイのみお預かりしていたんですけれど。。。
皆さんの期待を背負って新しい犬生を歩き始めた
健太の特技を活かして
でも無理をさせることなく活動します。


★シロさま
そうなんです。健太だけに家族中の愛情が注がれる環境を
理想に育ててきたんですけれど、実現できませんでした。
預かり役としては複雑な心境です。


仔犬のコタロウを譲渡して頂いた時はナナだけだったのに
いつの間にか弟分が2ワンズも増えて。。。
譲渡されたシロさんからすれば
「条件が違う!コタロウに充分な愛情が注げるのか?」
とご心配ですよね(反省)


卒業して何年も経っているのに
いつも気にかけて下さってありがとうございます。
私も、いつかは、シロさんのような預かりさんになれるように
経験を積んで修行します。
ショートステイのお預かりでもお役に立てることが
あればお声掛け下さい。微力ながら協力させていただきます。

投稿: ナナママ | 2010年5月30日 (日) 23時19分

わん子は群れで生活する物ですから、沢山居ても愛情さえあれば、一匹飼いより本当は犬にとっては良いのかも知れません。家の5匹も、それぞれ微妙な関係を持ちながらも楽しそうにしています。でも、もう5匹以上は無理なのでこれからは心を鬼にして出します。
ナナママは優しいから(お会いしたこと無いのですが、想像で)なかなか手放せなく成るんでしょうね。コロンちゃんもそうだったとは?でも、健太君もこれで心が穏やかに成ったことでしょうね。happy01

投稿: シロ | 2010年5月31日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530695/48367808

この記事へのトラックバック一覧です: 『健太』 募集終了のお知らせ:

« 5月の里親会 | トップページ | 最近の健太 »