« ご近所さんのショートステイ | トップページ | 「ワン子の里親会ちば」をご紹介します »

2009年3月 1日 (日)

アニマルセラピー 「記憶」

小雨が止み晴れ間がのぞいた午後 介護ホームに出発したナナとコロン いつもは行けないちょっと遠い場所 早めに到着して散歩がて周辺を散策 緊張症?のナナ姐さんは準備に余念がない 

ホーム敷地内も紅白の梅が満開 車が少ない通りを進むと広大な梅林が広がっていた きれいだ~ もう春なんだねぇ

31_1

この看板 ご存知でしたか? 大災害時に仮設住宅などを建設するための土地なんだそうです 横浜市内で初めてみました ご協力農家さま ありがとうございます

31_2 313

今日のセラピー活動は うさぎ、ネコ、チワワ君と一緒 トリミングしたばかりのコロンは「かわいい女の子」と大人気 「あら、コロンちゃんのお母さんも同じくらいかわいいわよ~」と声を掛けてくださるご婦人数名 上機嫌で目尻を下げる母とコロン。。。

コロンをみて飼い犬が死んだ時のことを涙ながらに話してくださり 「コロンちゃん 長生きするんだよ お母さんよろしく頼みますよ」と手を合わせて下さったご婦人 「コロたん 元気でな また遊びに来ておくれ」と握手してくださる犬好きの紳士 楽しかった思い出はいつまでも寂びることがないようだ

里親会で年配のご夫婦または独り暮らしのご年配者からのお申込には慎重に時間をかけて対応しています それでもご希望に添えない場合が多くあります コンパニオンアニマルとしていつまでも一緒に生活したいし させてあげたいけれど どんな命も責任を持って全うさせなければなりません せめて一時でもセラピー活動でお役に立てれば嬉しい・・・・

ナナがまだ奇行だらけの仔犬時代 里親募集HPから一匹のワンコに問い合わせをしたことがある テリアMIX 7歳だか掲載住所は近所 独り暮らしのご老人が飼育していたが入退院を繰り返しているとのこと ナナとの相性が悪かったとしてもご近所なら何か手助けが出来るのではないかと考えた 

でもそのワンコは遠い北関東に住んでいた 代理人掲載で個人ボランティアさんが窓口になっておられた お見合いのために連れてくると言って下さったが 「7歳のワンコを遠方に移住させるのは可哀想だから 申し訳ないがご縁がなかったことに・・・・」とお断りした すると「犬は自分が何処に居るか分かるんでしょうか? 住所だけで断るのは変だ」と反論してこられた そうだろうか? 長年住み慣れた土地 家族から簡単に離れられますか?

譲渡の会HP「迷子ページ」に掲載されているワンコは会出身のワンコではありません ナナをお世話してくださった<注:コタロウ出身の会ではない>千葉県在住のポランティアさんが個人的に斡旋したワンコだそうです 千葉県から町田市に届けたその日に失踪してしまった成犬 遠方ゆえ探しにいくことも出来ない 個人活動なのでボランティア団体HPで呼びかけることも出来ないetc.そうです やっと救い出せた奇跡の命 ボランティア活動には限界があるけれど 少しずつ力を出し合って大切に育んでいきましょう        

里親会では若いご夫婦/カップルからのお申込時にしつこく問いかける質問もあります 「将来 赤ちゃんが生まれたら犬との生活はどうしますか? 万が一 こどもにアレルギーが出たらどうしますか?」 先のことなど誰にもわからない でも もう一度 “自分達の未来予想図” を相談してみてください      dog 家族なのに dog (クリック) 

言葉が話せぬワンコ でも人間の言葉が理解できるワンコ 家族の一員として愛し 最後まで一緒に暮らせるようにみんなで考え 努力しよう!

え? 介護ホームでのナナの活動内容??

実は・・・・車中待機を命じられたナナ 今日はボランティアさんの参加が少なく 小柄なウサギさん達の方が抱っこしやすい・・・・と事前ミーティングで決定 ホーム内で事故があってはいけません 事前準備は念入りに! ナナにも良い修行になったはず、、、、

|

« ご近所さんのショートステイ | トップページ | 「ワン子の里親会ちば」をご紹介します »

3.里親会(譲渡会)」カテゴリの記事

4.ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご近所さんのショートステイ | トップページ | 「ワン子の里親会ちば」をご紹介します »