« 『健太』 一歩前進! | トップページ | 『健太』 病院で幸運に »

2009年1月21日 (水)

メディカル・アロマ・マッサージ

尿結石(ストルバイト) や 脂漏性皮膚炎 etc.に 悩む 繊細(?)ガキ大将 コロン                            薬に頼らず 症状を軽減できれば ・・・・ マッサージ講習 に参加した

アロマの効用やマッサージのツボをコロンと一緒に習得  ウットリするコロン  だって犬用おやつ(乾燥まぐろとシャケ)がもらえたんだもの(人間にはお洒落なデザート付き)

ドックランでも遊ばせてもらった  たくさんのママさんに‘撫でなで’してもらって至福のひと時を過ごしたコロン

121_3121_7121_8121_4121_5121_6

 

一年前におしっこが出なくなり 膀胱結石手術を受けたコロン

順調に回復し 食餌療法(ウォルサム/pHコントロール)を始めたがフードが大粒で食べにくく 硬便(カチカチ カスカスのウンチ)で排便時に苦しむのでフードメーカーを変更(Hill's c/d)  食欲も戻り快便だったが皮膚アレルギーが悪化したので 今度は内容(ウォルサム/低分子プロティん+pHコントロール)を変更  その後 排便が一日一回(食餌は朝夕)になり フードを食べなくなってしまった(他犬の食餌は欲しがる)  “apple便秘にはすりおろし林檎apple”が効くと聞き 少量トッピングすれど フードが消化されず “散弾銃” 状態の排便をする *マーブルチョコ状ウンチが一粒づつ肛門から飛び出してくるのでビックリ!*  日ごとに排便量が減り 3日間便秘が続いたので腸に異常があるのでは?と検査入院することになった

結果は異常なし: 所見 「pHコントロール成分に胃腸が反応した」  

しばらく消化の良い柔らかい食餌で排便観察することに  超小粒フードにレトルト食や缶詰をトッピングするすれど ・・・・ 旺盛すぎる食欲に今度は体重増加が悩みのに  排便が快調で安定してきたので 超小粒ライトフード+すりおろし林檎 に 切り替えたがやっぱり尿結石が心配  林檎の果肉にもミネラル(カルシウム・マグネシウム・リン)が含まれている  尿路疾患はミネラル制限をせねばならない

コロンの課題は4つ: 尿路疾患・皮膚疾患・食欲維持・便通改善

同時にすべて解決するのは無理なので優先順位をつけて取り組む 便通が改善出来たので 次は皮膚疾患対策の処方食に数粒づつ切り替える  管理票にフードの混合比率(粒単位)、排便状態、痒み度数(5段階表示)、体調を書き込んで毎日経過観察

一年以上経過した現在  皮膚科専門医のアドバイスもあり 皮膚疾患用処方食(皮膚アシストpf)のみ 毎月尿検査して結石(ストルバイト)チェック  毎週シャンプー(2種類使い分け) 獣医師特製“クリーニングオイル”  月一度はマイクロバブルバスで毛穴洗浄  痒みが強い時はステロイド剤を服用するなどして落ち着いてきた

脂漏(臭い)が強くなる度(週2回)にシャンプーすることもあるが アニマルセラピー活動でコロンを診察して下さっている獣医さまから「赤ちゃん用シッカロール」を薦められたので 試し始めている 確かに皮膚がサラサラになり 匂いもいい (成果は後日報告します)

自宅から講習会場(ベイサイド地区)までコロン歩幅で約40分 帰路は買い物しながらのんびり歴史探索

121_10121_9  121_11121_12

坂本龍馬ゆかりの場所を通った 『龍馬』 『おりょう』 ・・・・・・ 南国ワンコはどうしてるかな?  温かい家族と新年が迎えられてことだろう よかった、よかった

  

先日 アメリカで暮らす義弟が急遽来日 すぐにトンボ帰りした  「土産がないんだけど、これでもどうぞ」とくれたのが       オバマ大統領バッチ

世界情勢が一刻も早く好転して 人間にも 動物にも 優しい社会になるといいね

YES, WE CAN

121_1121_2

|

« 『健太』 一歩前進! | トップページ | 『健太』 病院で幸運に »

6.我が家のワンズ」カテゴリの記事

コメント

うわぁっ!
読んだだけで すっごく大変そう、
クラ子さんは寝たきりとい事もあり膀胱炎の持病があるんで
クランベリーサプリを与えております。

オシッコの出が悪いと思って 病院に駆け込んだ事あります。
「石が詰まってんじゃないの?」
検査したけど何もなく 気のせいで終わりました(爆) すっとこしました。

投稿: 仮ボス | 2009年1月23日 (金) 10時45分

★仮ボスさん

クランベリーですか? 試してみようかしら。
コロンは「神経質な飼い主の気のせいです。異常なし」と誤診されて2ヶ月以上苦しんだのよぉ。

保護犬=かわいそうな犬=飼い主が神経質になるって方程式があるんだとか・・・・他の飼い主さんと同じ診察料金支払ってるに、ご近所の先生なのに、どないなこっちゃ~(怒)

大病院の皮膚科専門医さんは「大切に育てられてますね。一緒に治療法を考えましょう」って・・・気苦労が吹っ飛びましたわ。

歴代居候犬の親分(?) クラ子さん
いつまでも、いつまでも長生きしてねheart02

投稿: ナナママ | 2009年1月24日 (土) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『健太』 一歩前進! | トップページ | 『健太』 病院で幸運に »